Skip to content

脂肪吸引

ダイエットブームの中、やはり痩せにくい、痩せやすいと言う違いは人それぞれあるでしょう。

しかし、いろんなダイエットを試してもなかなかやせない人もいます。

そんなとき、美容整形の脂肪吸引と言うものがあります。

しかし、脂肪吸引にも失敗はあります。
脂肪吸引は顔じゃないしそれほど問題はないだろうと思っていては脂肪吸引の失敗に巻き込まれる被害者ともなりうるのです。いろいろなクリニックのホームページを見ると脂肪吸引にはいろいろな方法があるように思えます。クリニックによっては自分達の脂肪吸引が特別な方法。絶対は失敗はないというどれほど自信過剰な迷惑医者がいるんだろうかと思う。現実の脂肪吸引には実は大きな進歩というのはありません。超音波、レーザー、ベイザーなどがPrされていますが、脂肪吸引を得意とする医師の多くはこういった手法を一切導入していません。それには理由があるのです。
実は脂肪吸引の仕上がり、経過、効果にはなんのメリットもないからです。脂肪吸引で大切なことは丁寧に治療すること。脂肪吸引で失敗しないのは適切な医師による脂肪吸引を受けることと言及しているからなのです。ここでは実際に起こりうる脂肪吸引の失敗について解説していきます。

 

脂肪吸引の失敗 その1、皮膚表面の凹凸

脂肪吸引後に起こる皮膚の凹凸は医師の技術テクニック以外にはありません。医師の経験の未熟さ、層(レイヤー)を考えず、雑な脂肪吸引によって起こりうる脂肪吸引の失敗のひとつです。皮膚表面の凹凸の修正は非常に難しいことが多いため要注意です。
手術方法が古いから起こるわけではありません。手術方法に左右はされません。

ベイザーは凹凸にならないというのも嘘です。皮膚表面の凹凸は医者の技術テクニックだけの問題です。

 

脂肪吸引の失敗 その2、仕上がりが美しくない

誰でも取れるだけ取ってほしいという要望はあります。しかし、脂肪吸引は吸引する量が多ければ良いという訳ではありません。吸引部分とそうでない部分とのバランスなども十分デザインして吸引する必要があります。特にお尻(太ももとお尻の移行部など)の脂肪吸引などは要注意です。過度に取り過ぎると確実にお尻の皮膚は垂れてしまいます。太ももについても全体を細くするだけではなく、特に内側を吸引する際のデザインなども仕上がりには大きな違いが出てきます。 また、お腹の脂肪吸引に比較的多い失敗は皮下脂肪は十分取れているが、それによって内臓脂肪の輪郭が浮き出てしまっている状態もあるんです。お腹がスリムになると期待していても、内臓脂肪がぽっこりなんてこともある。
脂肪吸引は多く取ることを目的とするのではなく、美しく整えることを目標に設定すべき治療なのです。